食品関連

ホーム > 食品関連

機能性食品

機能性食品や食品添加物に関する安全性試験を行っております。
また、有効性試験も行っておりますので、商品開発にお役立て下さい。

  • 試験名
  • 使用動物・菌株・細胞
  • 試験期間

試験依頼書ダウンロード

単回経口投与毒性試験

  • 雌雄マウスまたはラット各5匹

    約1.5ヶ月

反復経口投与毒性試験※投与期間・投与用量(群数)はご相談ください。

  • 雌雄マウスまたはラット:1群各5匹

    3ヶ月以上

遺伝子毒性試験

  • Ames試験(復帰突然変異試験)

    細菌5菌株

    約1ヶ月

  • 染色体異常試験

    チャイニーズ・ハムスター培養細胞

    約3ヶ月

  • 小核試験

    雌雄マウスまたはラット1群各5匹以上

    約2ヶ月

食品スクリーニング毒性試験

  • 試験名
  • 使用動物・菌株・細胞
  • 試験期間

試験依頼書ダウンロード

反復経口投与毒性試験(28、90日間、1年間)

  • 雌雄マウスまたはラット1群各5匹以上

    3ヶ月以上

抗原性試験(Maximization Test法、Buehler法)

  • モルモット1群各5匹以上

    約2ヶ月

変異原性試験

  • Ames試験(復帰突然変異試験)

    細菌5菌株

    約1ヶ月

  • 染色体異常試験

    チャイニーズ・ハムスター培養細胞

    約3ヶ月

  • 小核試験

    マウスまたはラット

    約2ヶ月

© LIFE SCIENCE LABORATORIES,LTD.

このページのトップへ