MSDS作成

ホーム > MSDS作成

MSDS作成のための安全性試験一覧

MSDS作成についてはGHSに対応するためすべての試験を
OECDガイドラインを参考に実施します。

  • 試験名
  • 使用動物・菌株・細胞
  • 試験期間

試験依頼書ダウンロード

急性毒性試験

  • 限度試験[2000・5000mg/kg](TG420)

    雌雄マウスまたはラット

    約1ヶ月

  • 用量設定試験(TG420・TG423・TG425)

    雌雄マウスまたはラット

    約1.5ヶ月

皮膚腐食性・刺激性試験(TG404)

  • 雄ウサギ3匹

    約1ヶ月

眼に対する重篤な損傷・刺激性試験(TG405)

  • 雄ウサギ3匹

    約1ヶ月

皮膚感作性試験(TG406)

  • 雌モルモット20匹

    約2ヶ月

変異原性試験

  • Ames試験[復帰突然変異試験](TG471)

    細菌5菌株

    約1ヶ月

  • 染色体異常試験(TG473)

    チャイニーズ・ハムスター培養細胞

    約3ヶ月

魚毒性試験(TG203)

  • ヒメダカ1群7匹

    約1ヶ月

詳細、試験費用等はお気軽にご相談ください。(見積無料)

© LIFE SCIENCE LABORATORIES,LTD.

このページのトップへ