ページ 読み込み中
お問合せ

眼の試験

Preclinical ocular studies

  • 加齢黄斑変性症

  • 試験概要書を
    ダウンロード

    • レーザー誘発CNVモデル(Wet Type)
    • マウス、ラット
    • Wet Typeの加齢黄斑変性症の動物モデルであるレーザー誘発脈絡膜血管新生モデルを用い、被験物質が血管新生に及ぼす薬効を評価しております。

      試験プロトコール概要動物眼球にレーザーを一眼あたり複数箇所照射し、レーザー誘発脈絡膜血管新生モデルを作製する。また、被験物質を各種投与経路(硝子体内投与、経口投与など)にて投与する。
      レーザー照射後一定期間経過後、尾静脈よりFITC-dextranを投与し直後に眼球を摘出、固定を行う。網膜層を剥離し脈絡膜フラットマウントを作製し、共焦点レーザー顕微鏡にてFITC蛍光を指標にCNV面積を算出する。

    • 光障害モデル試験(Dry Type)
    • マウス、ラット
    • Dry Typeの加齢黄斑変性症の動物モデルである光障害モデルを用い、光干渉断層計(Optical Coherence Tomography: OCT)を用い撮影した網膜断層画像より算出した網膜視細胞層の層厚、及び測定した網膜電図(Electroretinography: ERG)a波、b波の振幅値、ヘマトキシリン・エオジン(HE)染色網膜断層標本より算出した網膜視細胞層の層厚等の複数指標から、被験物質の薬効を評価しております。

      試験プロトコール概要一定期間の暗順応処理後に光照射装置を用い網膜を障害した光障害モデル動物を作製する。
      また、被験物質を各種投与経路(硝子体内投与、経口投与など)にて投与する。OCT網膜断層画像の撮影及びERG測定を経時的に実施する。
      モデル作製一定期間経過後、眼球を摘出、固定を行う。固定眼球はパラフィン包埋後、視神経乳頭を含む水平面で薄切した切片を作製しHE染色を行う。

  • 試験概要書を
    ダウンロード

  • 縁内障

  • 試験概要書を
    ダウンロード

    • 神経保護作用を検討します 
    • 水圧負荷虚血再灌流モデル
    • ラット
    • 緑内障の動物モデルである水圧負荷虚血再灌流モデルを用い、ヘマトキシリン・エオジン(HE)染色網膜断層標本より算出した内網状層等の網膜各層の層厚及び神経節細胞数などの指標から被験物質の薬効を評価しております。

      試験プロトコール概要全身麻酔を施したラット右眼に輸液セットに装着した注射針を刺入し、前眼房内に生理食塩液を注入し眼圧をかけ、ラット水圧負荷虚血再灌流モデルを作製する。
      また、被験物質を各種投与経路(硝子体内投与、経口投与など)にて投与する。 モデル作製一定期間経過後、眼球を摘出、固定を行う。固定眼球はパラフィン包埋後、視神経乳頭を含む水平面で薄切した切片を作製しHE染色を行う。

    • NMDA誘発網膜障害モデル
    • マウス、ラット
    • 緑内障の動物モデルであるNMDA(N-Methyl-D-aspartate: N-メチル-D-アスパラギン酸)誘発網膜障害モデルを用い、光干渉断層計(Optical Coherence Tomography: OCT)を用い撮影した網膜断層画像より算出した網膜視細胞層の層厚、及び測定した網膜電図(Electroretinography: ERG)a波、b波の振幅値、ヘマトキシリン・エオジン(HE)染色網膜断層標本より算出した内網状層等の網膜各層の層厚及び神経節細胞数などの指標から被験物質の薬効を評価しております。

      試験プロトコール概要動物にNMDAを硝子体内投与しNMDA誘発網膜障害モデルを作製する。また、被験物質を各種投与経路(硝子体内投与、経口投与など)にて投与する。OCT網膜断層画像の撮影及びERG測定を経時的に実施する。 モデル作製一定期間経過後、眼球を摘出、固定を行う。固定眼球はパラフィン包埋後、視神経乳頭を含む水平面で薄切した切片を作製しHE染色を行う。

  • 試験概要書を
    ダウンロード

  • ドライアイ

  • 試験概要書を
    ダウンロード

    • 強制開瞼モデル
    • ウサギ
    • ドライアイ動物モデルであるウサギ強制開瞼モデルを用い、角膜に滴下したメチレンブルーの吸光度を指標とし、被験物質の薬効を評価しております。

      試験プロトコール概要乾燥条件下で全身麻酔を施したウサギに被験物質を点眼した直後に開瞼器を一定期間装着し強制開瞼モデルを作製する。開瞼終了後眼球を摘出し、角膜にメチレンブルーを滴下し角膜を採取する。角膜を抽出液に浸漬し浸透を行うことにより、抽出されたメチレンブルーの吸光度を測定する。

  • 試験概要書を
    ダウンロード

  • 糖尿病性網膜症

  • 試験概要書を
    ダウンロード

    • 糖尿病性網膜症モデル
    • ラット
    • 現在、ラット糖尿病性網膜症モデル作製試験の立ち上げを行っております。

      試験プロトコール概要ラットにストレプトゾトシン(STZ)を腹腔内投与しラット糖尿病性網膜症モデルを作製する。また、被験物質を各種投与経路(硝子体内投与、経口投与など)にて投与する。網膜電図(Electroretinography: ERG)を経時的に測定し、a波、b波の振幅値、ヘマトキシリン・エオジン(HE)染色網膜断層標本より算出する。また、摘出した眼球より作製したヘマトキシリン・エオジン(HE)染色標本より神経節細胞数などの指標から被験物質の薬効を評価しております。

  • 試験概要書を
    ダウンロード

トップへ戻る
contact img
お問合せ
お問合せ お問合せ
フォーム

トップへ戻る